韓国

【2020年最新版】チェジュ・ラマダプラザホテルってどうなの?カジノの様子や予算、レストランも徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はろー!カジノ部部長の島理論うま男です!

この記事ではチェジュ島の五つ星ホテル『ラマダプラザ』について、基本的な情報を網羅的に解説しています。
韓国チェジュへのカジノ旅を検討しているギャンブラーの人は必読です( ^ω^)

「予算はいくらがあれば足りるんだろう・・・」
「どのグレードの部屋に泊まるのが良いのかな?」
「空港からのアクセス方法は?」

などなど、渡航前に疑問をバッチリ解決しておきましょう!

1.ラマダプラザってどこにあるの?

チェジュには現在7つのカジノホテルがあり、ラマダプラザはそのうちの1つです。
ホテル名は『ラマダプラザ』、中に入っているホテルは『GONZI CASINO(ゴンジカジノ)』と言います。

ラマダプラザはチェジュの全体地図の中で見てみるとこの辺りに位置しています。

チェジュ島全体地図から見たラマダプラザホテルの位置

ズームしてみましょう。

下記の地図のように、ラマダプラザホテルは空港からすぐ近くのところにあります。

ホテルの外観やカジノの入口はこんな感じです。

ラマダプラザの外観
ラマダプラザ2Fにあるゴンジカジノ

カジノはホテルの受付と同じ2Fに入口があり、宿泊者に限らず入場することができます。(外国人専用のため韓国人は入場不可)

カジノ部でもラマダプラザに行ってカジノやリゾートを満喫してきました!

体験談はこちらより読んでもらえます。
臨場感たっぷりでお届けしているので、旅行のイメージを掴んでいただけるかと思います。


2.ラマダプラザの部屋のオススメタイプは?宿泊料金はどれくらい?

ラマダプラザにはどんな部屋があって、宿泊料金はいくらくらいなのでしょうか?

ここでは目安の料金と部屋の設備についてご紹介します。

料金はシーズンによってかなり変わってきます。渡航前にはadagoエクスペディアで最新の料金を調べておきましょう。

◆スタンダードルーム

ラマダプラザの中で一番安い部屋です。


一番下のランクといえど侮ることなかれ、外を眺めながら浸かれる広い浴槽ふかふかのベッド個室のシャワールームなど他のホテルでいうスイートルームかそれ以上のレベルです。
部屋の広さは40平米と決して狭くなく、ゆったりとしたスペースがあります。

浴槽に窓がついていて外を眺めながら浸かることが可能


スタンダードルームの中でも、部屋の位置がホテルの北側か南側かで値段が異なります。
海が見える北側の部屋はオーシャンビュー漢拏山(ハルラさん) が見える南側の部屋はマウンテビューと区別されており、オーシャンビューの方が1500円ほど高いです。

好みの問題ではありますが、オーシャンビューの部屋の方が人気です。
私は両方泊まったことがありますが、同じくオーシャンビュー推しです。テラスに出ると180度海を眺めることができ、めちゃめちゃ開放感があります。

部屋にこだわりたいという方でも十分満足できるレベルだと思います。

気になるお値段は11,000円12,500円ほどです。

ハイシーズンとオフシーズンでも結構値段が変わり、一年で一番安い時期は1,2月、一番高い時期は夏真っ盛りで観光客の増える8月とのことです。

◆ スーペリア ファミリーツインルーム

スーペリアということでスタンダードよりワンランク上に位置付けられた部屋です。

といっても内装やアメニティは特に変わらず、スタンダードツインがダブルベッド1台とシングルベッド1台に対して、こちらはダブルベッド2台となっています。

2名でお互い広々としたベッドを使いたい場合や、お子さまを連れていく家族3~4名で泊まる場合などはこちらを利用しましょう。

気になるお値段は12,000円~13,000円ほどです。

◆デラックスルーム

デラックスという名前がついていますが、スーペリアファミリーツインルームと値段は変わりません。
何が違うのかというと、ベッドです。
こちらの部屋はクイーンベッド1台にシングルベッド1台となっています。
1台は広々したベッドが欲しいという方向けの部屋です。

お値段は12,000円~13,000円ほどです。

◆ スイートルーム

デラックスルームよりワンランク上の部屋です。
このクラスから内装が変わってきて、リビングルームが付いてきます。
ベッドはキングベッドが1台です。

リビングルーム

広々したリビングではルームサービスがゆったり楽します。
部屋を楽しみたい方にはピッタリだと思います。

気になるお値段ですが、13,000円~14,000円ほどです。

◆ ハーバービュー ツインルーム

スイートと同価格帯の部屋です。
リビングルームがつかない代わりに、寝室にソファーが追加され、ベッドはキングベッドが2台になります。

ベッドが2台なので、友達2人での旅行ならこちらの部屋がオススメです。

値段もスイートルームと同じく13,000円~14,000円ほどです。

◆ 韓国式ダブルルーム

こちらは変わり種の部屋です。
ラマダプラザの部屋はヨーロッパ風の内装ですが、こちらは韓国式の内装になっています。

お値段はスイートより高く15,000円ほどとなっています。

◆ キッズスイート

スイートルームと同じく寝室の他にリビングが付きますが、このリビングが子供の遊び部屋になっています。
ベッドはシングルベッドとダブルベッドが1台ずつ、子供部屋には2段ベッドが1台付きます。

寝室とは別に子供部屋が付いてくる

お値段は17,000円~18,000円ほどです。

◆ ゴールデンスイート

ここからいよいよレベルが違ってきます。

こちらの部屋では寝室の他に、リビングルーム、海を眺められる小さなテーブルスペースが用意されています。
専有面積は80平米とスタンダードルームの倍。
ラトゥールとかの高級タワーマンションレベルです。

小さなテーブルスペース

リビングルームもスイートに比べ1.5倍くらい広いです。

リビングも広い
ベッドも豪華

気になるお値段ですが、30,000円~35,000円ほどです。
やはり他の部屋の倍ほどはしますが、手が出せるレベルですね。

◆ プラチナムスイート

VIP向けの部屋です。
専有面積は150平米とゴールデンスイートの倍ほどの広さです。

ゴールデンスイートとの違いはリビングルームです。

リビングルーム

やりすぎなくらい豪華ですね。
もったいなくてずっと部屋にいちゃいそうです。

気になるお値段ですが、80,000円~90,000円ほどです。
さすがに値が張りますが、そんなにバカ高いわけでもないですね。
普段使いとなると難しいかもしれませんが、記念日などでの旅行なら選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

◆ プレジデンシャルスイート

最高ランクの部屋です。
庶民の私からするとお金の無駄遣いとしか思えません。

ピアノがある

デッドスペースがやばいです。

専有面積は256平米。普通の部屋の6部屋分くらいの広さがあります。

気になるお値段は、平日で130,000円
このレベルの部屋なら、正直かなり安いです。
同じく韓国のソウルだと25万円ほどはするので、相場より半額近いと思います。

人生で一回はこういう部屋に泊まってみたいものですね。

3.済州国際空港からラマダプラザまでの移動方法は?

空港からのアクセスについて、まとめていきます。

ラマダプラザは空港からのアクセスが良く、距離にすると約3km、タクシーだと12分くらいの距離です。

済州国際空港からの移動手段はタクシーのみです。

チェジュ国際空港からはいくつもバスが出ていますが、ラマダプラザ近辺に停車するバスがないのでタクシー以外の選択肢はありません。

タクシーでの移動方法

チェジュ国際空港の5番出口を出て直進してください、30mほどで乗り場が見えてきます。

5番出口を出て直進
タクシー待ちの列が見えてきます。スムーズに乗れるよう、乗り口が4つになっています。

ホテルのエントランスまで連れて行ってくれて、価格は6,000ウォンほどです。

タクシーに乗るときは「ヨギロカジュセヨ(訳:ここに行ってください)」と言いながら

「제주특별자치도 제주시 삼도이동 1255(도로명주소) 제주특별자치도 제주시 탑동로 66」

の文字を見せてあげてください。

空港やホテルのスタッフと違って、タクシーの運転手は英語ができなかったり、ホテル名に詳しくなかったりするのでハングルで住所を見せるのが確実です。

4.ホテルのチェックイン方法は?部屋はどんな感じ?

タクシーでホテルに到着するとこんな景色が出迎えてくれます。
正面エントランスの目の前まで連れて行ってくれてビタ付けしてくれるので颯爽と降り立ちましょう。

正面玄関から中に入っていきましょう。

ベーカリー デリカテッセン

入ると目の前には軽食やドリンクがいただけるデリカッテセンがあります。

受付は2Fです。
入って右に曲がりエスカレーターを上がっていくと・・・

ロビーに到着です。

見上げるとゲストルームがロビーを囲うような形に並んでいます。開放感があって気持ち良いですね。
まるで豪華客船に乗船したような気分です( ^ω^)

ゲストルームの6Fから撮った写真

さっそく受付でチェックインを済ませましょう。
チェックイン時刻は14:00チェックアウト時刻は12:00です。朝はゆっくりでよいのがありがたい限りです。


日本語がしゃべれるスタッフもいますが、全員しゃべれるわけではないのできょとんとされても慌てないようにしましょう。英語は通じるので、「Can I check in?(チェックインしたんだが?)」と伝えましょう。
パスポートと、当日支払いであればクレジットカードまたは現金の用意をお忘れなく。

受付

14時より前に着いた場合は荷物を預かってもらえます。
受付から見て左手側にカウンターに荷物を持っていきホテルのお姉さんに伝えましょう。
日本語が通じなければ「Can I deposit my luggage?(荷物を預かってほしいんだが?)」と言えば対応してもらえます。
タグを渡されるのでサインして、引換券ももらいましょう。チェックインのときに引換券を受付に渡せば荷物が受け取れます。

こちらは荷物カウンター チェジュ島の大きな地図が目印

チェックインを終えると、エレベーターで客室に異動します。

こちらはスイートタイプのお部屋になります。
窓があえてちょっとだけ空けらていて、静かな波の音や海風のにおいが出迎えてくれます。粋な計らいですね( ^ω^)

スイートルーム お値段13,000円

キャッキャ言いながらテラスへ。

左を見ると海

これ、左から右までずーっと海なんです!(語彙力不足)
真下を見ないと本当に海に浮かんでいるような気分になります。

右を見ても海

夕暮れ時はこんな感じです。
夕焼けを眺めながらルームサービスのシャンパンで乾杯なんてしたら、結婚成立から孫まで産まれてきそうな勢いです。
是非恋人や家族を連れていってあげてください。

空港が近いので飛行機が近くに見えます。

5. ラマダプラザにはどんな付帯施設があるの?

ラマダプラザの中にある施設の情報をまとめていきます。
プールやスパ、複数のレストランとホテルの中だけでも1日楽しめてしまいます。

◆ラマダ・デリ

1Fの正面玄関をくぐると目の前にあります。
焼きたてのパンやドリンクがいただけます。テイクアウトも可能なのでパンを見繕って部屋でむしゃむしゃ食べるのも一興です。どのパンもバターの風味が効いててかなり美味しいです。

営業時間:07:00~22:00

◆レストラン

詳細は後述してありますが、中には1つのレストランがあり、各国の料理が楽しめるようになっています。

ビュッフェ The Blue
日本・韓国料理  タンモラ
中華料理 萬里香
ラウンジ スコトラ

◆カジノ

忘れちゃいけない主役のカジノも立ち位置としてはホテルの付帯施設です。

2Fのホテル受付のすぐ先に入口があります。格好良い入口ですね。

GONZI CAINO(コンジ カジノ)入口

カジノの中の様子のレポートを読みたい人は以下の記事に飛んでみてください。
こちらも


6.ラマダプラザのレストランでおすすめは?

ホテルの楽しみといえばレストラン。
ラマダプラザの中には4つのレストランがあります。
それぞれ美味しい料理を楽しむことができるのですが、気になるのはお値段とメニューですよね。

下記にまとめてありますので参考にしてみてください!

◆ビュッフェ The Blue

やはり高級ホテルの定番といえば、やはりビュッフェですよね!

ここThe Blueでは朝食・昼食・夕食と1日3食とも営業しています。
海沿いに面しており、全面ガラス張りの窓から海を眺めながら食事を楽しむことができます。

壁が全部窓
なんでもござれ、インターナショナルビュッフェ

オススメメニューは、こちらのアワビのおかゆ!

あわびの旨味が米に染み出しております。

朝食ではメニューが一新。
目の前焼いてくれるオムレツが人気でした。

スープ1つとってもうまい
パンもふわふわ絶品

◆日本・韓国料理 タンモラ

お次は本格的な日本・韓国料理を楽しめるお店です。
チェジュ名物、アワビのさまざま料理がウリのお店です。

アワビは焼酎や日本酒と相性バツグンですね。
ゆったりお酒を飲むなら一番のオススメです。

◆中華料理 萬里香

1Fにある本格中華料理です。

こちらのお店は現在リニューアル中ということで開いていませんでした。
リニューアルしたら是非訪れてみたいですね!

◆ラウンジ スコトラ

ビュッフェ The Blueの隣にあるラウンジです。
コーヒーや軽食だけでなく、お酒もいただけます。
夜になるとロビーで演奏されるピアノを聞きながら、優雅に海を眺め、ワインを楽しむことができます。

営業時間:07:00~23:00

7.ラマダプラザにあるカジノの予算、ドレスコードは?日本語は通じるの?

さて、食事も済んだら併設のカジノにも行ってみましょう。
こちらでは入場方法や、ドレスコード、予算の目安、カジノ内の様子など、初心者の方でもわかるように説明していきます。

入場方法

入口の受付に向かいましょう。

カジノ入口と受付

入口でパスポートの提示が求められるので渡しましょう。
チェックが終わるとパスポートを返してくれます。
テーブルゲームで遊ぶ時にもパスポートは必要なので、テーブルに座ったときにディーラーにパスポートを渡してください。
スタッフやディーラーは日本語で対応してくれるので不便は感じないと思います。

ドレスコード

ドレスコードについては、スリッパやスウェットのようなラフすぎる恰好でなければ大丈夫です。

男性で短パンの人は見たことがないので、長ズボンを身に着けていくのが無難です。

実際にカジノに入場できた服装やNGと言われてしまった服装については下記にまとまっているので、入場前には一度見ておくようにしましょう。

予算(軍資金)

ここのカジノはミニマムベット(最低賭け額)が低めに設定されています。
バカラは50,000ウォン(約5,000円)、ブラックジャックは30,000ウォン(約3000円)からベットすることができます。

カジノ初心者の方でいくら持っていけば良いかわからないよ!って方は、軍資金として10万円を持っていけば十分だと思います。
これくらいのレートであれば運悪く負けが続いてしまっても2時間は遊べます。

初心者の方であれば、10万円を持って行って5万勝ちを目標3万負けたら続行を検討と撤退ラインを設定しておくとマイルドに楽しめるかと思います。

カジノ内の様子

客入りについてですが、こちらのカジノはかなり空いていて、オフシーズンであればピークの時間帯でも客は0~5人ほどです。
バカラしか空いていないことが多いのですが、スタッフに遊びたいゲームを伝えると開いてくれる場合もあります。

ディーラーの方は日本語ができる人がほとんどなので、日本語でも全然通じます。
ちなみにカジノ内は米津玄師やaikoが流れていました。親近感が湧きますね( ^ω^)

飲み物はテーブルまで持ってきてくれます。
コーヒー、お茶、ビールが飲み放題です。
ゲーム中に話しかけるのはマナー違反なので、ゲームが終わったタイミングや、ディーラーではなく近くにいるスタッフに声をかけましょう。

わからないことがあれば、聞けば日本語で教えてくれるので初心者の方にはうってつけのカジノだと思います。

チップの交換方法については下記の記事にまとまっていますので、それぞれカジノ入場前には見ておくようにしましょう。


8.ラマダプラザ周辺のおすすめ観光スポット3選

ラマダプラザは海に面しているだけなく、南側には済州市の街があり、周辺で楽しめるスポットが多くあります。
ここではオススメのスポットを3つご紹介します。

◆威徳(ハムドク)海水浴場

ホテルから6kmほどにある海水浴場です。

さすがはアジアのハワイと呼ばれるだけあって、海の色がエメラルドグリーンです。岩場にはカニやヤドカリが生息しています。

海の家があるので、水着やタオルはここでも手に入ります。シャワーもあるので手ぶらでいっても楽しめちゃいます。

ビーチにはカフェ・デルムンドという人気なお店があり、海を眺めながらハンバーガーやパンをいただけます。

ホテルからは夏(6~8月)限定でシャトルバスが出ています。
タクシーを使ったとしても1000円くらいで行けちゃうので、夏以外はタクシーを利用しましょう。

住所:済州市 朝天邑 朝咸海岸路 525
営業時間:10:00∼19:00

◆龍頭岩

ホテルから2kmほどのところにある、岩の山脈です。
かつてハルラ山が噴火して流れた溶岩が海で冷えて固まりました。

長年海に打ち付けられ、今の奇妙な形の岩に変形してきました。
火山岩+海という他では見られない独特な光景を見ると神秘的な気持ちになります。

ラマダプラザがすぐ近くに見えます。

住所:済州特別自治道 済州市 龍潭1洞
営業時間:24時間

◆街をブラブラ

ラマダプラザの目の前の道路を東に歩いていくと、幾多のお店が軒を連ねています。
アワビ料理やサムギョプサルのお店など、韓国ならではのお店がたくさんあります。
ホテルのビュッフェも飽きてきたというところで、今度は街に繰り出してビールで一杯やりましょう!

ホテルから1分も歩けばお店が広がっています
マクドナルドもあります

露店には人が賑わっています。

オススメは、ホテルからラマダプラザ側の歩道を東へ200mほど歩いたところにあるこちらのサムギョプサル屋さん!

分厚いお肉を店員さんが焼いてくれます。

キンキンに冷えたビールとともにいただきます!やっぱこれが至高なんですわ。
5瓶も飲んで3800円、お安い!

8.まとめ

いかがだったでしょうか?

ラマダプラザの内部施設から周辺の楽しめるスポットの情報についてまとめました。

ラマダプラザの魅力まとめると下記3点です。

  • 部屋からも海、レストランからも海、リゾート感が満載。
  • 一歩外に出れば街。ショッピングからグルメまで徒歩圏内で完結。
  • カジノはスタッフが日本語ペラペラで親切。レートも低くカジノ初心者にうってつけ。BGMは米津玄師。

チェジュ島といえばやはりリゾート。
そんなリゾート気分を最大限味わえるラマダプラザは、チェジュ島ホテルの中でもトップクラスにオススメしたいホテルです。

カジノ部が実際にラマダプラザに訪問した際の体験レポートは下記記事から読むことができます。

より旅行のイメージが掴めるかと思います!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事がチェジュでのカジノデビューを考えているギャンブラーの皆様の参考になれば、島理論うま男幸甚の至りです!

Good Luck!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カジノを10倍楽しくする!
カジノ部LINEの友だちを募集しています!


今すぐ友だち登録する!(10秒)

コメントを残す

*